harutanaoki's blog

シンガポール在住 春田直樹の日記

「第2回 Sedili 船上2泊3日 釣行記」

いやーもう先週のこととはいえ、2泊3日でどっぷり海と釣りの世界に浸かり込んで参りましたー。

前回(「Sedili 船上2泊3日 釣行記」 - harutanaoki's blog)と同じ船、ほぼ同じメンバーですんでね、

真新しいことっちゅーのはさほど無いんですけども、とりあえず朝の港は相変わらずシブかったっす。

f:id:harutanaoki:20140606065833j:plain

f:id:harutanaoki:20140606075504j:plain

 今回はフグが時々釣れまして、「コレ食べれんのか?」って毎回聞かれましてね、

「毒のない(クロサバフグ 市場魚貝類図鑑)だと思うんだけど、保障できないよ」と返すと、

「その情報ほぼ意味ねーわ」ということで、全てリリースと相成りました。

f:id:harutanaoki:20140606183653j:plain

 ちなみにこの魚メッチャ引くわー、コレ絶対でかいわーと思って釣り上げてみたら、

50センチぐらいで大したこと無かったけど、これまで一度も見たこと無い魚。

顔と体つきはカンパチそっくりだけど、大きな縞々の模様。。。

f:id:harutanaoki:20140607181954j:plain

f:id:harutanaoki:20140607182021j:plain

スゲー・・、レアなやつゲットしてもた・・とコーフンして、聞きまわっていると、

マレー語で「アジ」と呼ぶ魚だそうな。しかし誰も英語の名前を知らず、

何の仲間なのかもよく分からず。

気になって気になって、帰ってから調べまくってみると、ついに出てきました。

アイブリっつーんだってー。(アイブリの漁獲 - チーム駿河湾

テンション上がるなー。

 

そんでもって、こんなのも釣れてた。いつものガルーパー(ハタ)に混じってるが、

どうも顔つきが違う。

「大五郎」あたりをがぶ飲みしてそうな、年季の入った顔つき。

これはまだ正体が掴めておりません・・・。

f:id:harutanaoki:20140608124523j:plain

ま、そんな変わった魚を堪能しつつ、景色を楽しみつつ、ボケーッとやっとりました。

f:id:harutanaoki:20140607184636j:plain

f:id:harutanaoki:20140607080308j:plain

釣果としてはこんな感じ。前回の方が多いけど、もう十分。

アイブリと、写真左のカツオで個人的には超満足。やっぱ銀色で突っ走る魚が良いわー。

f:id:harutanaoki:20140608115421j:plain

赤いスナッパー(アカフエダイ)は、カレーにすると美味ということで、帰り道のジョホールバルにて

全員でフィッシュヘッドカレーを囲む。

これはビックリするぐらい美味かった。

f:id:harutanaoki:20140615125107j:plain

そんでもって、もう疲れたし、お腹も一杯だしシンガポール帰りますかー、なんつって話してましたら、

「お前はドリアンの美味さを知ってるのか?ええ?」と詰められる形となり、

あれよあれよという間にドリアン専門店に向かうことに。

f:id:harutanaoki:20140608172121j:plain

f:id:harutanaoki:20140608172300j:plain

f:id:harutanaoki:20140608173031j:plain

いや、そこまで苦手ではないんだけど。。。

確かに、後味がカスタードクリームみたいで美味いんだけど・・・。

なんつーか、カスタードクリームに達するまでの道のりがハード過ぎるっつーか・・。

トイレやら下水道やら通り抜けて、やっとこさ味わえるカスタードクリーム。

ムチに次ぐムチ、その後のアメ。。。

好きな人は、その変化にハマるらしいんですが、まだあんま分からんすわ・・・。

 

そんなわけで、ドリアン紀行でしたー。

 

次回は6月22日(日)に更新します。