harutanaoki's blog

シンガポール在住 春田直樹の日記

バンジー。

いや本当ね、初っパナからやるとは思いませんでしたね。

 

タイの空港着いて、タクシー乗り場行って、ホテルまでタクシーで向かってたんですよ。

とこらが荒い、運転が。ものすごい荒い。ハンドルその内ちぎれんじゃないかと思いました。

「ま、でもシンガポールもフィリピンも基本荒いからなー、そこはタイもおんなじかー」

なんつって、旅慣れしたビジネスマン気取ってたんすよ。

「てか逆にこれぐらい荒くないと、アジアって感じしないよねー。」つって

「ここ楽しまないと。うん、今ここ、楽しむとこだからー。」つって。

 

高速乗ったら乗ったで、120キロ超えでブンブン飛ばしながら、ハンドル切りまくって

追い抜いていくわけですよ。

でもねー、やっぱまだ抜けてなかったなー、旅慣れしたシブいビジネスマン気取ってたなー俺。

まだ余裕かましてましたもん、

「120キロからがアジアだからー。そっから先がアジアだからー。」つってました。

 

バンコク市内に入っても、スピードあんま落ちた感じしない。

一般道だし、車もバイクもギッシギッシなのに、全然スピード落ちた感じしない。

実際のところ信号で止まったり走ったりで、縦横にガックガク揺さぶられてんすけど、

設定がアレでしょ、旅慣れしたビジネスマンでしょー。

「渋滞もほら、ここじゃ日常だからー。道路の一部、デコボコみたいなもんだからー。」

つってまだヘラヘラしてたんすけどね。

 

 

いきなり来ましたよ。

ガツンきました。

たぶん前の車がスピード出して進むと思ったら意外とゆっくり進んで、

挙句の果てにブレーキ踏んだ、みたいなやつなんでしょうね。

思いっきり後ろから追突しまして、ワタクシ、助手席の後ろにバッコーンと叩きつけられましてね。

「あれあれー!?」つって。

 

いや、渋滞で全然スピード出てないんで、大したことないんすけどね、何て言うんすか、

精神的なダメージって言うんすか。

初めてのタイで、空港着いて20分後に事故りますかね、フツー。

テンションがた落ちですよ。

 

そりゃあれぐらいバイクと車がぐちゃぐちゃになって、全員が荒っぽい運転してたら

事故も起こるでしょーよ。

旅をすればするほど、起こるでしょーよ。巡り会うでしょうよ。

ただね、

タイ入国1回目の、タクシー1台目に乗って20分後に事故りますかね、フツー。

タイ料理食べてね、日本食も食べてね、軽く観光でもしてね、

「やっぱ最後はタイだよねー」なんつって楽しんでる最中にガツンと行ってくれる分には、

イベントとして記憶に残りますよ。ちょっとしたスパイスみたいなもんでね。

ところが僕の場合、何もしてない、何も見てない、何も食べてないところへの、追突でしょ。

空腹のテキーラ、寝起きのバンジーみたいなもんですよ。

ま、運ちゃんはヘラヘラ笑ってましたけどね。

「あっらー随分へこんでるわーっ。見てよあれー、ハッハー。」つって。

 

そっから何も入ってこない。

1週間仕事して、色々美味しいご飯も食べたのに、振り返ると「あー追突したなー」って。

写真撮るとか、そんなこと一切思い付かなかったっすね。

唯一撮ったのがこれ、帰りの空港で。

f:id:harutanaoki:20140329102113j:plain

 

結局、タクシー。

ちなみに帰りはボラれそうになりましたから。

料金500バーツで、1000バーツ渡したら、お釣りがないと。

そしたら運ちゃん、他のタクシーの運ちゃんに両替できないか頼みに行ってくれたんですけど、

すぐ帰ってきて、

「なかなか見つからないわー。いいわー、今回は1000バーツでいいわー。」って。

「だねー、なんだか悪いねー」って言いそうになりましたよ。

アブねーっての。

 

いや本当、皆さんも是非気を付けて下さい。

旅慣れした感じとか出すの、マジやめた方が良いッス。

落ちたときの落差、スゴイッス。アレ、精神的なバンジーっす。

 

てなわけで、次回は4月6日(日)。

来週は釣りのこと書きたいなー、書けるような何かが起きればいいなーって。

ではではー。