読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harutanaoki's blog

シンガポール在住 春田直樹の日記

「サマッセーの前に。」

居酒屋のベテランスタッフともなりますと、「いらっしゃいませ」が「シャーセー」になりがちですが、

こちらシンガポールの日本食レストランで働く現地スタッフの場合、「サマッセー」となるようです。

 

それはそうと、本日、岩盤浴なるものに行って参りました。

日本では行ったことなかったんですが、こちらでは定期的に通う必要性を感じておるんです。

 

「常夏の国でわざわざ岩盤浴行くかね」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

正直、僕もそう思っておりました。

これだけ日差しがギラついて、ちょっと歩いたら汗が噴き出すような国で、

わざわざ岩盤まで運び込んで体温める必要があるのかねと疑っておりました。

岩盤運んでるスタッフ、途中で気付くんじゃないかって。

「この岩盤、本当に要りますかね?」って。

 

ところがどっこい、気付いたら私、岩盤の上に横たわって、ダラダラ汗かいて温められてましたよ。

それどころか危うく数万円の回数券買うとこでしたよ。

 

と言いますのはね、

 

基本常夏ですんで、「今夜は寒くて体冷えたから風呂入りてーわー」なんて思うことは、皆無なんです。

なんで、僕の住んでるとこの浴室には湯船は無く、シャワーのみなんですが、

全く不便に感じたことが無い。

とりあえず汗を流せればそれでオッケー。

しかし、問題が一つ。

 

どこ行っても、建物の中が寒い。

エアコンがバキバキに効きまくってる。

空港でもスーパーでもレストランでもオフィスでも、エアコンの設定温度は恐らく20度前後。

生もの取り扱い中ですかと。

イカとかサバとか、足の早いやつ、取り扱い中ですかと。

 

ところが聞くところによると、こっちの人は暑がりなんだそうです。

・・・・・・。

サッパリ意味が分からない。

なぜ常夏の国に生まれ育った結果、暑がりの人間が完成するのか、

全く理屈が分からない。

 

反対に僕なんて結構な寒がりなんで、20度の設定なんて、「生きるために」行いませんよ。

いくら冒険野郎だっつっても、度が過ぎるってもんです、20度なんてのは。

ほぼ自傷行為ですよアナタって。

私、夜なんて28度に設定して、1時間後にオフになるようにタイマーセットして寝ますから。

ちょっとタイマーかけ忘れると、2時ごろあまりの寒さに目が醒めて、

大慌てでリモコンを探すことになりますから。

 

言わばエアコン付けっぱなしの部屋なんてのは、「冬山」とほぼ同じものと認識しております。

「寝たら終わるヤツ」として世界的に有名なアレですよ。

「寝るなーっ!!」ていくらビンタしても体罰にならないどころか、

人助けに該当する不思議なアレですよ。

 

ですからね、例えば僕が部屋で寝てる間に、知らない誰かが入ってきて部屋を荒らされたとします。

物音に目を覚まし、ガバッと起き上がるも、犯人は逃げ去ってしまう。

そんで、バイトして溜め込んだ金の延べ棒50本も全て盗まれ(仮定)、愕然としているその時、

「あ、エアコン付けっぱなしだったわ」と気付いたとするならば、

私、その犯人を許しますよ、コレ。

 

なんなら「ゆっくりお茶でも飲んでけば?」ぐらい言うかも知んない。

一緒にお茶すすりながら、

「ちなみに次に延べ棒買うのは春頃かなー」なんてうっかり漏らすかも知んない。

つまりそれぐらいクーラーの冷気に対しては、強い警戒心を抱いておるわけですよ。

 

 

そんな私にですよ、20度は無いわ・・。

そっちの方がよっぽど体罰だわ・・。

 

そんなわけでね、エアコンの冷気で、徐々に冷えが蓄積された体をリフレッシュすべく、

岩盤浴に行ったというわけです。

そんで帰りに日本食のレストラン入ったんですけど、注文してしばらくすると、やはりこれが、

しみじみと寒い。

店に入った時点では岩盤浴でポカポカだったんで、ざるそば頼んだんですけど、完全に間違いでした。

なによりもまず、甘酒飲みたい。

無かったらコーンポタージュでもいい。

 

そんな状況の中、ずーっと店内ではスタッフ達の「サマッセー」が響き渡ってんですけどもね、

一旦「サマッセー」やめてみよって。

そんでこの設定温度について、お互いの意見交わそって。

今までの経験とか常識とかシガラミとかさ、もう全部忘れてさ、一緒にスタート地点戻ろって。

B'Zの「ZERO」ってあるじゃんって?

そしたらきっと分かるから、20度の設定って、「寝たら終わるヤツ」だって。

それが分かった上で、いつもの「サマッセー」言ってみてって。

ほら、もういつもと違う「サマッセー」出てるよって。

 

なのでね、シンガポールに旅行される機会がありましたらね、

ちゃんとトレーナーとか持ってきた方がいいです。

常夏だからって、気抜いたらヤラレます。

空港とか、ホテルとか、ショッピングセンターとか、設定温度が「寝たら終わるヤツ」なんで。

 

それでは今回も有難うございました。

次回は1月4日に更新致します。

 

来年も宜しくお願い致します。

皆さん、良いお年を!!!