読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harutanaoki's blog

シンガポール在住 春田直樹の日記

「常夏の国の隅っこで、ハムを叫ぶ」

どもども。

今年も終盤、年末ですなーと言いつつも、全く実感が湧かない近頃。

そりゃそうだ、全然気温は下がらないし、マフラーとかコートとか見かけないどころか、

街はいつも通り短パン・サンダルだらけ。

 

いや実際ね、冬が近づくたびに、

「やっぱ女子は冬服っしょ。コートにブーツで決まりっしょ。」

なんつって、学生時代、男同士集まっては語り合ってましたよ。

とはいっても、その数ヶ月前には、

「キャミとか実際ほぼ水着だかんなアレ。そう考えると夏、狂ってるっしょ。」

などと熱い議論を交わしていたのも事実ではあります。

スゲーのいたから、ほんと。うちのキャンパス・・・・。

 

正直、20メートル離れたうしろ姿しか見てないんですけど、

最初の0.5秒、ほんと「ついに全裸出た」と思いましたから。

「オバケ出た」ぐらいの勢いありました。

んなわけないと思って目を凝らしたものの、今度はボンレスハムにしか見えない。

この世に生を受けて、それまで見てきたあらゆるモノの中で、最も近かったのが、ボンレスハム。

中でも伊藤ハム。

 

伊藤ハム 伝承ギフト

伊藤ハム 伝承ギフト

 

 

いやもっと言えば、伊藤ハムですら、まだまだ甘いってぐらい凄かった、あのヒモ具合は。

なぜって伊藤ハムは、縦ラインにもヒモ使ってますから。

ところがあの女子、横ラインしかヒモ使ってなかったですから。縦、はぶいてますから。

ハムだったら絶対耐えられないです。確実にカタ崩れてますコレ。

「家庭用にはギリだけど、贈答用にはちょっとねー」ってことになってます。

もしあの女子が伊藤ハムに就職してたら、確実にハムの製法変わってたよねって、そんなレベル。

肉食系女子どころの騒ぎじゃないですから。

 

ましてや中島みゆきの名曲「糸」なんて、あの女子には全く響かんかったやろなって。

「アタシ縦の糸、いらないけど、いる?」って、サラーッと言い放つんやろなって。

そんでタバコの煙スパーッって吹くんやろなーって。横向きにスッパーッって。

そんでガチガチのまま、オレはその縦の糸、有難く受け取ったんやろなーって。

「で、でも、よ、よろしーんでしょうか。」なんつって。 

 

そんで男友達んとこ行って、

「ジッサイ、横の糸もあげるって目ぇしてたけど、軽くスルーしといたわー。あれ、マジの目だったわー。」

ってホラ吹き回ったんやろなーって。

 

いやね、今だったらそんな女子見ても、オ、オーッ・・・て多少の胸騒ぎが起こる程度ですよ。

しかし当時、二十歳そこそこですよ。ほんと腰抜けそうになりましたから。

もはや興奮とかじゃないですね、茫然自失。そのまま立ってるのがやっとの状態。

自信無くしましたもん、すげー奥の方の自信。

じっちゃんとかそれぐらいの世代から蓄積されてきた、自信。

金田一少年が「じっちゃんの名にかけてー!」って言うときに使う、あの後半に湧いてくる自信。

あっさり崩れ去りました。

「東京ってスゲー・・」って、「ムリかもー」って。

 

 

だから今でも、こうして憶えてるわけですよ。

「この曲がり角出たら、あそこに立ってたんですー。ハムみたいな人がー。」って、

事件が起きた後の住民ぐらい細かく説明できます。

ほんとあのハムの人は凄かった。

僕にとっては、別所哲也よりも阿部寛よりもよっぽど、あの女子の方が「ハムの人」ですから。

 

f:id:harutanaoki:20131007141606j:plain

 

実はその数年後、友人の結婚式で見かけたんですよ、ハムの人。

うわハム出たっ、と思って、

「あの人ってハムの人だよねー!?」って聞き回ったんですけど、みんなポカンとしてました。

「さっきの料理に使われてたハムの会社の? 営業の?」みたいな顔されました。

確かにその日は冬で、その女子もハム感は皆無でしたし、学校の卒業と同時にハムも卒業したのかなーって。

そっか伊藤ハムは伝承されても、こっちのハムは伝承されないのかーって思いましたね。

 

 

いやそんでね、話戻しますけども、こちらは全然年末感が無いですよってやつ。

祝日も12月25日と1月1日しかないから、大晦日も普通に出勤で、2日からはまた出勤ですわ。

でも街そのものに年末感無いですからね、あまり違和感も無いわけでして。

そういう意味では、日本の四季ってのは、本当、お金もかかるし、面倒なことも多いけど、

色んな恵みあるよなーって思います。

なので、人生何が起きるか分かりませんから、女子も男子も、ほんと冬服、楽しんどいた方が良いよーって話。

いつ短パン・サンダル中心の国に住みだすか分かりませんから。

 

そんなわけで、今回も有難うございました。

次回は12月29日に更新致します。

それでは皆さんごきげんよう!