読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harutanaoki's blog

シンガポール在住 春田直樹の日記

「今日の散髪」

どもども。

 

髪がだいぶ伸びてきまして、先ほど散髪して参りました。

伸びたと言えどもショートヘアの範囲内だったのですが、こちら常夏のシンガポールでは、

少し襟足が伸びてくると、一気に不快指数が高まるわけでして、ザックリ短く切ってもらいました。

 

しかし改めて、襟足の取り扱いってのは難しいなと・・。

というのも、人間の各部位というのは、それぞれ独自の役割を持っておるわけです。

目なら「見る」、鼻なら「嗅ぐ」、口なら「食べる」、という風に。

 

だからこそ世間では、ヘレン・ケラーを例えに出しながら「見えるって、本当は幸せなことなんだよ。」とか、

入れ歯の通販であれば「あの頃みたいに、噛める。」、みたいな言い方がされるわけです。

各部位、何らかの形で役に立っているわけです。

 

 そこへきての、襟足。

 

襟足って、これなんか役割ありますかね。

もし今までの人生で、「あーなんか、襟足あって良かったなー」って思った経験が

一度でもあるという方、ぜひその体験談をお寄せ頂きたい。

各地のスイーツより、よっぽどお取り寄せしたい。

 

ただ、あくまでこれは男性の襟足についてでありまして、

女性の場合は、浴衣着用時など非常に重要なエリアとされ、夏場の活躍など目覚ましいわけです。

 方や男性の場合、季節問わず、「襟足が決め手となった」、「襟足に救われた」などという話は

てんで聞いたことが無いのでありまして、その役割についても一切思い当たるフシが無い。

  

例えば商談に向かう途中、襟足をゴッソリ道ばたに落としてしまった営業マンがいたとして、

恐らくその後の商談には、大きな支障は無いと思われます。

 

「本日はネクタイ無しで大変失礼しますが・・」と前置きしたら、

「今時どこでも買えるでしょうに・・」などと、逆に印象を悪化させる可能性は非常に高い。

 

しかし「本日は襟足無しで大変失礼しますが・・」と切り出せば、

「おっと今時珍しいね。」などと、逆に評価を上げることだってあるかも知れない。

「若いヤツは襟足が無いぐらいでいい。俺らの若い頃なんて、そりゃもう襟足なんて全然だから。」なんて、

可愛がられるキッカケになるかも知れない。

  

なので今度散髪する時に「襟足どうしますか?」って聞かれたら、

「取っちゃって下さい。」って言おうと思います。

 

「カリアゲってこと?」って念を押されると思いますけども、

「いやもう取っちゃって下さい。」と、一歩も譲らない姿勢で臨みたいと思います。

 

 

ついつい襟足の話が長くなってしまいましたが、実は今回散髪して最も驚いたのはシャンプー。

日本だとどこに伺っても、優しく優しく、頭皮を傷つけないように洗って頂けるのですが、

こちらだと事情が違います。

 

正直、「米研いでる?」「まかない作ってる?」って思いました。

ガッサガッサと掻き回し、伸びた爪はグイグイ突き刺さる。

そのまま突き刺してからの、ガッサガッサ。

恐らく私が死んだ時、火葬場にて、頭蓋骨に無数の擦り傷が入っていることが確認されるかと思います。

元旦にドリフト族が走り回った跡じゃないです、今日のシャンプーです、それ。

 

また日本であれば、すすぎの際、絶対に耳に水が入らないよう、

それはそれは優しく丁寧に水を防いで頂けるのですが、こちらでは全く事情が違います。

 

小3の夏以来、久々に「溺れるかも・・」って思いました。

うっかり水しぶきが散った、なんてもんじゃない。

私の頭部、数秒間、完全に水没しておりました。

遠く沖の方から、イルカの発する超音波すら聴こえた気がしました。

もう少しで仲間と認識されるところでした。

 

そして仕上げには、耳に直接シャワーを当てつつも、指でゴシゴシ耳の穴を洗うという、

とっておきの荒技まで披露して下さいました。

もはや為すがまま、されるがままでありました。

言うまでもなくその奥には、主に鼓膜、主に脳、などといった大事なものがたくさん詰まっておるのですが、

てんでお構いなしでありました。

両手の人差し指、何度か私の脳内でぶつかってた気がします。

いつか会社で「人の話を聞いてるのかね!!」などと怒鳴られることがあるかも知れない。

でも決して右から左へ聞き流してるわけじゃない、今日のシャンプーです、それ。

 

 

さてそんなわけで、今回も全く役に立たない日記を読んで頂いて有難うございます。

海外生活はスリリングがつきものです。

こちらにも色んなお店があります。

皆さまも是非、シンガポールで襟足、取ってみませんか?

 

それではそれでは、ごきげんよう。

次回は12月1日に更新致します。

 

えりあし (CCCD)

えりあし (CCCD)