harutanaoki's blog

シンガポール在住 春田直樹の日記

最近のニュース 「北朝鮮、ホリエモン、オセロ」

随分空いちゃいました。

最近しこたま映画観てるもんで、それも書きたいんだけど、

とりあえず今日は最近目にした日本のニュースについてダラダラと。。

 

 

~北朝鮮~

まずは北朝鮮が過去最高潮に威嚇的になっとる、というニュース。

いよいよマジでやらかすかもということで、防御体制を本格的に

スタートしたというようなニュースを見ました。

 

「いやいや、本気じゃないって。過敏に反応し過ぎだろ。」

というクール派もいるんではないかと思いますが、

こればっかりは過敏ぐらいがちょうど良いんじゃないのかと思います。

 

「大地震とか来ねぇって。防災番組と防災グッズで稼いでるやつが

いるだけだって。」というクール派の意見も、震災前には十分説得力があったものの、

一度震災が来てみれば、説得力まるでゼロになるわけですから。

そういう人に限って、バシバシ買い溜めとかしたりするわけですから。

 

なので防衛みたいな話は、過敏ぐらいがちょうど良し。

何かあった後に「いつものハッタリかと思っておりまして・・」じゃ済まん話だし、

真っ直ぐな瞳で「北朝鮮が本気の時だけを見極めて防衛しますッ」とか

言われても、無言でしばらく見つめ合うぐらいしかできないわけで。。

 

長らく日本がやってこなかった、「想定外を想定する」ってことに

いよいよ向き合わざるを得ない時代に入ったということでしょうか。

 

 

ホリエモン出所~

ホリエモンがついに出所ということで、記事やら動画やらをザザーッと追いました。

 あんまりやせてなんか若干痛々しい感じにすら見えたんだけど、話聞いてると、

態度とか言い方とか、表面的なところを全国放送向けに磨いてきたというところ以外

特に変わりなしという印象。

でも根っこの考え方とか価値観とかは変わらないでしょうし、

正直、変わる必要も無かったんだろうと思います。

 

相変わらず「お金に関しての考え方は変わりましたか?」とか質問されてるけど、

騒がれてた当時「ホリエモンは拝金主義でケシカラン!」と本気で思ってた人は、

どのぐらいいたのかと思う。

本当の拝金主義者はあんな表には出てこずに、裏でガッポリやりますし、

自分の考えとかをあれほどストレートに言わないでしょう。

拝金主義者とは、優先順位が色々違うはず。。

 

だから、つくづく「空気」とか「ムード」ってスゴイと思う。

どこかでは、“拝金主義者ではない”と多くの人が気付いていながら、

連日のメディアの取り上げ方で、「ホリエモン=拝金主義者」というイメージに

流されていく。思えばそんな状態だったと思う。

メディアを敵に回したら恐ぇってことだ。

ま、メディアを買おうとしたんだから、成功しなきゃトコトンやられるわなぁ。

 

ちなみに僕は、ホリエモンの「無防備」なところが妙に好きですね。

インタビューとか対談の時のホリエモンって、いきなり小市民的な価値観が

出てきたりして、笑わせてくれるんですよね。

少し前だけど、岡田斗司夫さんとの対談とか爆笑したしな。

長いけど、本当、ウケます。

 


岡田斗司夫のひとり夜話特別編「堀江貴文×岡田斗司夫」pt1(1/7)遺言から ...

 

まぁ何と言うか、

「若いビートルズがエレキギターを携えて世界中を回るうちに、

ミュージシャンという枠を超えた影響力を持った」ことと、

「 若いホリエモンがITという分野で事業を拡大していくうちに、

実業家という枠を超えた影響力を持った」ことは、同じ構造だと思います。

 

「どの時代」に「何を選ぶか」ってことに「天才」が重なると、

社会を揺るがす事態に発展するってわけですね。

 

 

~オセロ解散~

 そういう結末になるのかー・・と。

芸能人関連の知識も無く、あまり興味も無いに関わらず、

オセロ解散と聞いて若干ショックを受けている自分を発見。。

 

アレ? オレって、オセロ結構好きだったのかも・・みたいな。

 

松嶋はなんかオモチャみたいだし、

中島は普通にツッコミ面白かったし・・

 

そう言えば井上陽水との不倫でボロボロになったとか、

そんな話をどっかで読んだような・・

確かに井上陽水って「僕にハマッたら最後ですよ」みたいな感じするもんな・・

 

なんにせよ、中島さんがいつか今回の騒動をネタにして、ゲラゲラ笑ってる姿が

見たいと思うわけですな。

 

 

 そんな感じで、だいぶ今回は気楽にスラスラ書けました。

更新度上げるにはこれぐらい適当なテーマが良いのかなぁ。

分かんねぇなー。

 

とりあえず今日はこんな感じで!

読んでくれて有難う!